「フォトショップ初心者向け記事」背景のパターン作る方法

フォトショップで背景のパターン作る方法

皆さん、こんにちわ!

地元は清々しく晴れておりますが、そちらはどうでしょう?

今回は「フォトショップで背景のパターン作る方法」について書きます!

1、そもそも背景とはナンゾや?

背景は、絵画などにおいて主題後方位置している景色景観光景のこと。または、主題となる物事の奥に潜む事情経緯裏事情

https://www.weblio.jp/content/背景

参照:webilio辞書

下の画像で例えると

前にいるサラリーマンの後ろ側の白い部分が背景です。
主体の後ろ側の素材とでも言いましょうか。

自宅にも壁紙があると思いますが、それにも近いです。

もし、あなたが自分でWEBデザインやチラシを作る際に
自分自身で背景を作れたら、とても楽になるでしょう♪

今回は、楕円形パターンを例に超絶わかりやすく書いていきます!

2、縦横 ~400pxくらいのファイルを作る。

まず、縦横同じ長さになるようにファイルを作成します。

だいたい~400pxくらいがいいと思います。

今回は300pxで設定しておきます。

3、新しいレイヤーを作る。

次に”楕円”と名付けたレイヤーを作ります。

4、楕円形ツールで丸型のオブジェクトをレイヤーの真ん中に置く。

そして、赤丸で囲んだ楕円形ツールでレイヤーの真ん中に
丸型のオブジェクトをおきます。

おしぶ

“Shiftキー”を押しながらドラッグすると”正円”が描けます!

5、上部の整列ボタンを押す。

次に、赤丸で囲んだ整列ボタンを押します。

するとレイヤーの真ん中にオブジェクトが移動します。

6、”パターンの定義”でパターンとして登録する。

続いてメニューバーで
「編集」→「パターンの定義」でパターンを登録します!

ここまででパターンの登録は終了です。

おしぶ

もうちょいだ!

7、新しくレイヤーを作り、ブラシツールを選択

新しくレイヤーを作る際の
サイズも慣れていけば自由に設定してOKです!

今回は2000px~2000pxと設定しておきましょう!

そしてブラシツールを選択します!

8、左上のダイアログボックスで設定

ダイアログボックスで

「パターン」を選択し、先ほど作ったパターンを選んどきましょう。

9、あとはレイヤー上でドラッグするだけ

設定が終われば残るは

レイヤー上でドラッグすれば以下のようなパターンが作成できます!

傘の模様になってそうですね!

応用すると、こんなパターンも作ることができます!

おしぶ

どこで使うねん!ってくらいフルーティーですねw

基本的に、オブジェクトを作り
編集→パターンの定義の流れは変わらないので抑えるポイントはここくらいです!

皆さんもパターンを駆使して
自分が作りたいサイトや素材、ガンガン増やしてしまいましょう!

まだまだ自粛期間が続きますが肩の力を抜いて頑張っていきましょう!

本日は「フォトショップで背景のパターン作る方法」に関してお伝えしました!

社会人クリエイターのおしぶでした!